FC2ブログ
2018年09月 / 08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011.11.28 (Mon)

2分で出来る動物愛護パブリックコメント

環境省が再度意見をもとめている動物愛護のパブリックコメントの意見提出のためのフォームをまたも作成して頂いた方がいらっしゃいましたので紹介したいと思います。

2分で簡単に意見書を送ることが出来ますので是非ご協力下さい。

以下メールからの転載です。

※このフォームによる意見提出が正式にパブリックコメントとして受け付けられることは環境省の承諾済です。
※下記のフォームでチェックを入れた意見があなたの意見(パブリックコメント)として環境省に送られます。(メールの差出人はこのフォームにあなたさまが記入したアドレスになります。)異なる意見の場合は上記環境省HPを参照して直接お送りください。

https://business.form-mailer.jp/fms/8c161fcd9934
https://business.form-mailer.jp/fms/ca38d39c10097
https://business.form-mailer.jp/fms/a06dd78710112

どちらも同じフォームです。混み合っている場合は別のフォームからお試しください。
(注意:携帯からは
contact@doubutukikin.or.jp
からのメールを受信許可してから入力してください。入力内容が自動返信メールで届きます。まれに対応していない機種があります。その場合はパソコンから入力ください。)

締め切りは12月7日(水)です。
みなさま、宜しくお願い致します!!!!!!!
スポンサーサイト
00:32  |  動物愛護  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.20 (Sat)

1分で出来るパブリックコメント入力ページのご紹介

環境省より動物取扱業の適正化について(案)に対する意見(パブリックコメント)の募集について、参加のお願いです。

動物愛護法の改正は5年に1回です。その際、国民からの意見としてパブリックコメントを国が募集します。
前回は動物を売買する業者の票が圧倒的に多く、業者に偏った数のパブリックコメントが多く寄せられ、適切な改正がなされませんでした。

TVやネットで動物の殺処分や違法な業者についての情報は皆さんも目にしたことがあると思います。
今回の震災でも悲しいペットの姿を見た方も多いと思います。
動物たちに対して優しい気持ちをお持ちでしたら協力して頂けたらと思います。

詳しくはOne Action for Animalsというサイトで詳しく説明して下さっているのでこちらを参考にして下さい。

●One Action for Animals
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment



★★★【朗報】★★★

1分簡単にパブコメを送れるページを二つご紹介頂きました。
チェックを入れて、名前など書くだけなので、ちょっと難しいと思ってた方も見てみて下さい!

●チェックボックス式パブリックコメント作成ページ

http://cats.velvet.jp/pc/pc.html

●「1分で完了!動物の法律改正パブリックコメント 携帯メールも可」
http://doubutukikin2010.blog58.fc2.com/blog-entry-296.html

普通にメールで送っている人もいらっしゃると思いますが、現在(8月20日10時15分現在)、環境省のメールボックスがいっぱいになっているらしいです。締め切りまでには復旧すると思いますが、もしメールが戻ってきてしまったらまた送れるまで送ってみて下さい。
もしくは、上記の「どうぶつ基金」さんが、いったん皆さんの意見をプールして復旧後にまとめて送ってくれるそうです。

簡単に送れる方式なので、ブログやtwitterなどで拡散頂けたらありがたいです。この日記をそのままコピペしてもらっていいです。

◆◆◆パブリックコメントの締切◆◆◆
平成23年8月27日(土)必着。

よろしくどうぞ!!!
17:32  |  動物愛護  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2011.08.11 (Thu)

動物愛護管理法改正のパブリックコメント参加のお願い

環境省より動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について、参加のお願いです。

動物愛護法の改正は5年に1回です。その際、国民からの意見としてパブリックコメントを国が募集します。
前回は動物を売買する業者の票が圧倒的に多く、業者に偏った数のパブリックコメントが多く寄せられ、適切な改正がなされませんでした。

TVやネットで動物の殺処分や違法な業者についての情報は皆さんも目にしたことがあると思います。
今回の震災でも悲しいペットの姿を見た方も多いと思います。
動物たちに対して優しい気持ちをお持ちでしたら協力して頂けたらと思います。

詳しくはOne Action for Animalsというサイトで詳しく説明して下さっているのでこちらを参考にして下さい。

_____________________________________________

◆◆◆動物取扱業の適正化について(案)◆◆

今回の改正案の内容はこちらをクリックして御覧ください。
これが今回の改正案になりますのでこれを基準に賛成、反対などの理由を述べる形になります。

また下記がこれを掲載している環境省のページです。
動物取扱業の適正化について(案)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14069


_____________________________________________

◆◆◆パブリックコメントの送付先◆◆◆
●郵送の場合
〒100-8975 東京都千代田区霞が関1-2-2
環境省自然環境局総務課動物愛護管理室 御中
※"「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見在中"と書く

●Eメールの場合
shizen-some@env.go.jp

※タイトルに"「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見"と書く
※Wordを添付ファイルで貼り付けるのではなく、
上記の文案雛形を直接メール送信本文に打ち込んでください。

●FAXの場合
03-3508-9278
※番号はよくお確かめの上、お間違いのないようにお願いいたします。

◆◆◆パブリックコメントの締切◆◆◆
平成23年8月27日(土)必着。

_____________________________________________

◆◆◆パブリックコメント記入例◆◆◆

One Action for Animalsのページの真ん中より少し下部に簡単なひな形がありますので、
それを使用して自分の連絡先だけ書き足して頂ければ大丈夫です。
メールの場合のひな形と郵送の場合のpdfがあります。

●パブリックコメントについて
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment

_____________________________________________

◆◆◆ブロガーさんのパブリックコメント例文◆◆◆


One Action for Animalsの下記ページでいろんなブロガーさんが書いたパブリックコメントのリンクが載っています。
https://sites.google.com/site/1action4animals/public_comment/samples

また、下記のブロガーさんはご自身の書いた内容をそのままコピペして送ってもOKと言って下さっています。ただ、まるまるコピーだとNGとなる場合もあると書いているブロガーさんもいたので、多少なりともご自身の言葉で書いたり付け加えたりして頂けたらと思います。

ジュルのしっぽ

私も“その他”の項目を設定し、こちらからコピペさせて頂きました。
___________________________________________

※※※※※※※※
以下は私が送る予定のパブリックコメントの内容です。
まだ内容を検討するかもしれないので送るのはもう少し先になります。
これが適切かわかりませんが丸ごとコピペして使用して頂いても結構です。
まるまるコピペだと駄目な可能性もあるということで一部ご自身の言葉を加えて頂ければと思います。
もちろん自身のご意見と違う部分だけ変えて頂いてもかまいません。

その際は氏名住所などの連絡先をきちんと記入お願い致します。
下記の私のパブリックコメントの内容についておかしいと思われる箇所がありましたら指摘して頂けるとありがたいです。
※※※※※※※※※


___________________________________________

「動物取扱業の適正化について(案)」に関する意見

1.意見提出者名:
2.住所:〒
3.連絡先電話番号:
  FAX番号:
  電子メールアドレス:
4.意見:下記に列記

(1)深夜の生体展示規制
意見:午後8時以降の販売禁止に賛成
理由:長時間展示され、視線、音、光など五感に刺激を受けることでストレスが貯まると思われる。
また、「規制の対象となる動物の分類群については、現状の動物取扱業の対象である哺乳類、鳥類、爬虫類までとすることも考えられるが、取り締まり等の実効性を考慮すると犬や猫に絞るべきという意見もある。」ということだが、両生類などでもストレスが続くと捕食しなくなったりするので、動物全般を対象とスべきと考える。
また、多種の動物を扱う業者だとすれば、一部のみ禁止することは実質難しいと考える。
更に、連続展示時間や1日の展示時間、休憩などの指針を示し、上限を設定することが望ましい。


(2)移動販売
意見:基本的には移動販売に反対。
理由:『ペット販売業者が、動物取扱業の登録を受けた事業所以外の場所で動物を販売すること(以下、「移動販売」という。』ということだが、輸送時のストレスを考えると反対。ただし移動販売を禁止することで飼育されていくこと無く処分される動物が増える可能性もあるので、移送や保管の基準を設定して移動販売を行うことも考えるべきかもしれない。
また、登録場所と違う場所で販売することでトレーサビリティーやアフターケアなどの問題が出るならば事業所以外での飼育場所、販売場所を設ける場合の登録の義務化、その際の環境基準を設定して欲しい。


(3)対面販売・対面説明・現物確認の義務化
意見:義務化に賛成
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(4)犬猫オークション市場(せり市)
意見:監視する仕組みの構築に賛成
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(5)犬猫幼齢動物を親等から引き離す日齢
意見:8週齢(56 日齢)に賛成 
理由:社会性を身につけるために親兄弟と一緒にいたほうがいい時期は国際的に見ても、飼育書などでも8週齢までは引き離さないほうがいいとの記述が多い。ペット業界が目指している45日齢が適正との根拠は明確でない。
前回この案は否決されたが、適正化であるならば多数決によらず、適正と思われる基準を正規導入し、強制力を持った取り決めとして欲しい。


(6)犬猫の繁殖制限措置
意見:繁殖回数及び間隔は規制するに賛成
理由:事業者による自主規制では実質規制がないと同じなので強制力を持った規制とすべき。
『一方で、犬と猫の違いや、品種の違いによっても適切な繁殖の時期や頻度が異なるため、一律の規制が困難である』とあるが、それならば一律でなくある程度でも種類によって分類してそれぞれの制限を設けるべき。一律で有る必要はない。


(7)飼養施設の適正化
意見:数値基準の規制に賛成
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(8)動物取扱業の業種追加の検討
意見:業種に追加に賛成
理由:業種区分を元にそれぞれ基準を儲ける必要があると思うため。

(9)関連法令違反時の扱い(登録拒否等の再検討)
意見:登録拒否・取消しができるに賛成
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(10)登録取消の運用の強化
意見:賛成
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(11)業種の適用除外(動物園・水族館)
意見:適用除外に反対
理由:動物の保護という意味では動物園・水族館だけ除外するのは反対だが他の業種と同じ扱いも難しいと思うため、「(8)動物取扱業の業種追加の検討」に動物園・水族館も業種として追加し、この業種での不適切な展示や飼育方法を規制すべきと考える。


(12)動物取扱責任者研修の緩和
意見:緩和に反対
理由:緩和には反対だが現在研修内容が一律になっているのは問題があるかと思うので、緩和が必要なのではなく業種ごとに細分化して研修を実施するという改正が必要だと思う。


(13)販売時説明義務の緩和
意見:緩和に反対
理由:動物取扱業の適正化について(案)のこの項目の内容は適切と感じるため。


(14)許可制の検討
意見:許可制に賛成
理由:以前登録を取り消された悪質な業者がまた名前を変えて登録し直すという現実を是正するため、改めて許可制という制度に変え、以前問題があった業者でないかのチェックや偽証の際の罰則などを制定して欲しい。


(その他)殺処分方法の改善
意見:少なくとも幼齢・高齢の犬猫に対しては、二酸化炭素のみによる殺処分を禁止し、麻酔薬併用の方法に改善すること。
理由:動物愛護の観点からも、二酸化炭素による殺処分方法は原則禁止するべき。自治体によって頭数や予算による違いがあって一律の規制が難しいのであれば、「子猫子犬」に限定して実施するなど、殺処分の頭数が減少した現在、可能なはずです。二酸化炭素による方法を選択する理由はありません。
二酸化炭素の処分について、問題があることは国も認めている以上、放置することはできません。また、今回の法改正で反映しない場合は、中央環境審議会動物愛護部会において、専門委員会を設け、特に議論することを求めます。

___________________________________________


一人でも多くの皆さんに参加して頂きパブリックコメントを送って頂けたらと思います。
ほんのちょっとだけお時間割いて頂けたらと思います。
国民の意見を聞いてもらえる数少ないチャンスです。
今回の震災で民意を解さない日本政府の対応にがっかりした方も多いかと思います。
民意を伝えられる場があるときはがっちり伝えて行きましょう!!!
5年に1度です!ちょっぴり手間ですが5年に1回きりなので、宜しくお願い致します。
m(_ _)m


13:57  |  動物愛護  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。